美容院のビジネスセンス

TOP

美容院は奥が深い!日々の利用の中で出てくる様々な疑問に体当たり!

オススメ美容院サイト一覧

今評判で人気沸騰中の優良美容院はこちら!


川越 美容院

川越の美容院ではどんなお店が好まれるのか

店内画像01
本川越駅や川越駅に周辺では無数の美容院が点在しており、埼玉県の中でもここまで美容院が密集しているエリアは他には無いでしょう。なぜここまで川越エリアの周辺に美容院が密集しているか詳しいことはわかってはいませんが、都内以外でここまで美容院が多く点在するエリアも非常に珍しいのではないでしょうか。先にも述べたように川越駅と本川越駅はそれほど離れてはおらず、また更に近くには川越市駅があるので、その3駅を考えると各駅に美容院を配置させたような形で川越エリアに美容院が点在しているのではないかと推測できますが、定かではありません。何が川越エリアに美容院を密集させたのか、考えてもどうしようもないですが、ここまで美容院が多く密集しているエリアなのに潰れずに長続きしているお店もいくつかあります。そのお店はどうやって生き残っているのか。また川越エリアのような激戦区なのに美容院が多く残れている理由は何なのか。少し考えてみたいと思います。美容院が人気になる理由として考えられるのは、スタイリストの腕前とお店の雰囲気と料金が主だと思われます。この3点に関しては何処のお店も一番期を使っている部分ではあると思うのですが、この3点と同じように重要なのが接客サービスなのです。美容院にくるお客さんは皆、それなりに出来て当たり前と思っています。そこはスタイリストの腕でカバーすれば問題ないのですが、美容院は高くはないですが安くもありません。また自分の髪型が変わるので見た目に大きく影響しますので、失敗は許されません。お客さんとしても楽しみでもあるけど、不安もある複雑な心境だと思います。少し気が張っている状況で、粗悪な接客をしてしまえばその印象は残ってしまい、覚えられてしまいます。ですので、気の張っているお客さんなだけに丁寧な接客をする必要があるのです。また美容院の雰囲気も非常に大事ですが、雰囲気は接客対応によっても変わってくるのでスタッフの対応はかなり大きな役目を持っていると言っても過言ではないのではないでしょうか。スタイリストの腕が良くてお店の雰囲気もオシャレで良くて、お値段も他の店舗に比べたら安くて、接客サービスも気持ちのいいものだったとしたら、そこに行かない人はいないですよね。そういった細かい点に気を配れるお店がこの激戦区である川越で生き残れているのではないでしょうか。

美容院の値段で変わる客層

美容院を利用するとすれば一回の利用料金は4,000円前後するのは何処の美容院でも相場かと思います。美容に関して日常的に気にしている女性にとっては髪は命でヘアスタイルが少しでも崩れると気にしだして止まりません。それ程髪を大事にしていますし、男性のようにいきなり髪を短く切ったりヘアスタイルを大きく変更する事ってあまりないのです。最近では男性も美容院に通う方が多くなってきており、男性も受け付けている美容院のニーズは高まっています。自身の身だしなみや身なりを気にする美意識が高い男性は美容院を利用している方が多いですが、年齢が高い男性の場合は美容院というよりも床屋を利用する方が多い印象です。美容院は年齢層の低い、若年者の利用が目立ちます。最近ではメンズ専用の美容室も開店しているほどですので年々美容院を利用する男性客が増えているような印象を受けますが、男性も色んな方が居ますので美容院に高いお金をかけたくないと思っている方も中にはいます。特にヘアスタイルを気にしないでいつも通り短く切ってもらうだけの人は美容院は利用せずに床屋に行く方が多く、人によってどちらを利用するのか別れます。ある程度髪型も気にするけど、料金は抑えたいという方が多いのか最近では低価格で髪を切ってくれる美容院があり、一回の利用料金は2,000円以下でその安さから男性客が多く利用しているのを見かけます。また、ちょい切りという少しだけ切りたいという女性にも人気で整える程度で切りに来る方も多いのです。美容院というと、髪型を変えたり、髪の量を空いたり、髪色を変えたり、髪に色を染めたりするところですので、少しだけ、というちょい切りがしにくい印象を受けます。また少し切るだけというプランが一般的な美容院では少なく、だったら低価格で少し短く切ってくれる低価格の美容院の方が安上がりで希望通りになるので人気が出る要因になっているのかもしれません。また低価格の美容院は時間をある程度決めて切っているので、さくっと切ってほしいお客さんからすると時短で終わる上に利用料金も安いときたら嬉しい事だらけですよね。一般的に美容院を利用すると一回の時間が1時間は掛かってしまいます。そう考えると短時間で終わる美容院はありがたいですよね。値段で選ばれる美容院は色んな理由があって選ばれますが、男性は低価格な美容院を利用する事が多いのかもしれません。

美容院で各工程に担当者がいるのはスムーズにお客さんに対応するため

美容院を利用するにあたって、カットをする人、シャンプーをする人、パーマを当てる人、髪を乾かす人、マッサージをする人等アシスタントとして各々担当者がいます。カットする人が恐らくメインとなって動くのですが、各工程で担当者がいることにより担当者ごとの連携が非常に大事になり、上手く噛み合わなければお客さんを待たせてしまう可能性があります。上手く噛み合えばスムーズに各工程に進むことが出来てテンポよくサービスを提供できるのでお客様に気持ちよく利用して頂けることが出来ます。この連携がうまくいかないと先に述べたようにお客さんを待たせてしまう可能性がありますので、不快な思いをさせてしまう事もあります。ですので美容院に務める方同士の連携はしっかり出来ていないとダメということなのです。お店が混んでいてなかなか作業が進まないという場合もありますが、それでも上手く各工程を済ませて各担当者にリレーを繋いでいかなくてはいけません。簡単なようで簡単ではないこの連携ですが、大雑把に説明すると髪を切る前に髪を濡らします。この場合、霧吹きで湿らせる場合もありますし、一旦シャンプーでしっかり洗ってから切る場合もありますのでカット担当が初めから作業を行う場合もありますし、シャンプー担当が先に対応する場合もあります。髪を一折湿らせてからカット担当の方が髪を切っていきますがその切った髪が床に落ちたものを処理する床を掃く担当の方と一緒に作業に当たります。髪を切り終えたら再度シャンプー担当の方に移行して仕上げに入ります。大体ですが、カット担当者とシャンプー担当者さえいれば対応は成り立ちます。ですが、忙しいお店の場合では各工程で担当者が必要でスムーズにお客さんの対応するための担当者なのかと思います。美容院ではかならず見習いという立場でアシスタントが付きます。主にカット担当者が行わない部分をフォローするのが役目ですが、最近の美容院ではカットする前にコーヒーや紅茶を出すウェルカムドリンクサービスを提供している美容院が多く、少し喫茶店のような雰囲気を味わえるような美容院が増えてきているのです。また雑誌も豊富に揃えるお店が多く、男性客も来店出来るように男性誌やスポーツ雑誌を置く等の美容院の努力が相見えます。各工程で担当者を置くとは別に美容院の設備を整える事もお客さんの満足度につながるキーポイントなのではないでしょうか。