クレジットカード裏技大辞典

 >  > クレジットカードを止められる時

クレジットカードを止められる時

普通に使っているだけだと思っていたのにクレジットカードが使えない。つまりはクレジットカードを止められてしまう時もあります。これは一体どのような時なのかといえば、考えられるのは二通りです。一つは普段の購入履歴からかけ離れているものを購入しようとしたがために信販会社が警戒して審査に通過させなかったケース。そしてもう一つは延滞や遅滞を繰り返しているので利用停止処分が課せられている時です。とても便利なクレジットカードではありますが正しく使ってこそです。前者の場合正しく使っているのにこのような状況になってしまうのは努力等では防ぎようがありませんが、近年ではその場で信販会社に連絡したり、あるいは信販会社から連絡が来て本人だと確認出来れば使えるようになるケースもあります。問題は後者です。延滞や遅滞を繰り返している場合、さすがにクレジットカードを止められてしまったとしても文句は言えませんので気を付けなければならないでしょう。

[ 2016-09-16 ]

カテゴリ: クレジットカードニュース